2016年12月29日

ヘルメットに合わないゴーグルを無理矢理滑らないようにする裏ワザ

下の子がスキーデビューするために装備を整えました。

下の子は頭がめちゃくちゃ小さくて、お手頃価格のフリーサイズヘルメットが合わず、サロモンのSサイズを購入。

お値段はお手頃価格のヘルメットと比べて1.5倍以上。

艶消しタイプ、カッコイイ。

でもゴーグルをそのヘルメットに合わせようとしたら、なかなか合うものが無いのね。

ダブルレンズを順に合わせていったけど、どれもこれもベルトがズレてレンズ部分が鼻のところまで下がってきてしまいます。

艶消しとベルトの相性が悪いみたい。

お店の人とも相談しながら、ようやく見つけたのがベルトの裏にシリコンが付いているゴーグル。

これがなかなかいい。

ヘルメットとベルトがズレない。

ちょっと高いなぁと思いつつ嫁に相談したら、大幅に予算オーバーという指摘を受けて断念。

こうなったら自分でやるしかないでしょ。

シリコン無しベルトのゴーグルを購入して、帰って早速シリコンのシーラントをベルトに塗りたくってみました。

シリコンを塗りたくったゴーグル.jpg

新品ベルトがいきなり灰色に汚染(笑)

シリコンのベトベトが乾いてヘルメットに着かなくなるまで1日くらいはかかりましたが、これはうまくいきました。

全然ズレない。

裏返すと変なのが見えるけど普段つけてる分にはまったくわからない。

シリコンシーラントは2〜300円くらいで売ってるし、簡単でコストパフォーマンス高いです。

子供も快適で大満足。

ヘルメット装着.jpg

posted by たーけ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445357488

この記事へのトラックバック