2017年02月18日

勾配のある地面に設置可能な束石作り│単管パイプで作る10uギリギリの物置小屋@

カートの買い替えに伴って、カートを格納できる小屋を作ることにしました。

カートは

20年以上前のカートから
カート塗装前.jpg

↓↓↓↓

数年前のカートへ
新カート.jpg

大幅な進化を遂げたわけです。

中古カートなので見た目の美しさはアレですが、中身は全然違います。

今までビニールシートを被せて無造作に駐車場に放置していましたが
さすがに雨による錆とか紫外線による劣化とか気になるわけですよ。

放置カート.jpg

古いカートのバンパーはそれで劣化して粉々になりましたしね!(笑)


で、前置きはその辺にしておいて

小屋のDIYです。

予算としては10万は厳しいので7万〜8万を狙っていきます。

基礎はお決まりの単管パイプ。

単管ウッドデッキを作った時の余りがまだたくさんあるんですよ。

大きさは建築申請出さなくてもいいギリギリを狙います。

つまり10u未満。

この10uというのもよく考えないといけなくて、建てた小屋を真上から見たサイズのことを表しているみたいです。

真上から光を当てた時に影になる部分が10uということ。

単管パイプ、木でもそうですが、10uを狙って基礎を組んでしまうと、屋根やら壁の厚みやらでオーバーするリスクがあります。

このあたりを考えて設計する必要があります。

具体的な寸法は単管を組む時に決めるとして、単管用の固定ベースを設置するためにフラットな地面を作る必要があります。

ウチの駐車場はもともとガレージを作りたかったので、フラットにしてくれと工務店のおっちゃんに言ったものの、水ハケが悪くなるから、と勝手に勾配を付けられてしまいました。

ガレージを作る時にコンクリートを打ち直せばいいよ、と勝手なことを言い放ったきり姿をくらましてしまいました。

小屋の予算を10万以下にしたいと言っている時点でコンクリートの打ち直しをする余裕なんてありません。

お店で売ってる束石はフラットな場所にしか置けないので、我が家専用の束石を作ることにしました。

使うものは100均で買った容器とモルタル。
こんだけ。

で、設置したい場所でモルタルを固めるだけ。

勾配付き束2.jpg

この100均の容器が秀逸です。

大きさは単管の固定ベースのサイズとドンズバだし、固まった束を取り出すのも容器がぐにゃぐにゃ曲がるから簡単に取り出せる。

しかも何回も使える。

で、勾配のある場所でモルタルを固めると

勾配付き束1.jpg

勝手に勾配に合った束石ができちゃうわけです。

サイズもピッタリだし、予想通りうまくいったので超ガッツポーズでした。

勾配付き束3.jpg

これでまず水平が取れます。

カンペキでしょ?

posted by たーけ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

ヘルメットに合わないゴーグルを無理矢理滑らないようにする裏ワザ

下の子がスキーデビューするために装備を整えました。

下の子は頭がめちゃくちゃ小さくて、お手頃価格のフリーサイズヘルメットが合わず、サロモンのSサイズを購入。

お値段はお手頃価格のヘルメットと比べて1.5倍以上。

艶消しタイプ、カッコイイ。

でもゴーグルをそのヘルメットに合わせようとしたら、なかなか合うものが無いのね。

ダブルレンズを順に合わせていったけど、どれもこれもベルトがズレてレンズ部分が鼻のところまで下がってきてしまいます。

艶消しとベルトの相性が悪いみたい。

お店の人とも相談しながら、ようやく見つけたのがベルトの裏にシリコンが付いているゴーグル。

これがなかなかいい。

ヘルメットとベルトがズレない。

ちょっと高いなぁと思いつつ嫁に相談したら、大幅に予算オーバーという指摘を受けて断念。

こうなったら自分でやるしかないでしょ。

シリコン無しベルトのゴーグルを購入して、帰って早速シリコンのシーラントをベルトに塗りたくってみました。

シリコンを塗りたくったゴーグル.jpg

新品ベルトがいきなり灰色に汚染(笑)

シリコンのベトベトが乾いてヘルメットに着かなくなるまで1日くらいはかかりましたが、これはうまくいきました。

全然ズレない。

裏返すと変なのが見えるけど普段つけてる分にはまったくわからない。

シリコンシーラントは2〜300円くらいで売ってるし、簡単でコストパフォーマンス高いです。

子供も快適で大満足。

ヘルメット装着.jpg

posted by たーけ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

MTGのReFa CLEARを体験!その効果に(笑)が止まらない

友人のお誘いで名古屋のMTG本社に遊びに行ってきました。

MTGと言えばワクワクが止まらない商品を次々と発明する
健康大好きな人には気になって仕方がない名古屋が誇る企業ですね。

ウチでもRefa CARATやスタイルバタフライを使ってます。

これね。
refa_01.jpgBody_Make_Seat_Style.JPG

類似品のショップジャパンの商品も好きですねー。

ワンダーコアとかスレンダートーンとか使ってます(笑)


で、本社ということで当然いろいろな商品が置いてあるのはもちろん
商品説明以外にも体験もできるんです。

体験とは言っても身につけるものばかりだから
あまり期待していなかったんですが
いい意味で期待を裏切られました。

今回体験できたのは
・ReFa CLEAR
・SIX PAD
・PAO

全部面白くて興味を引くものばかり。

その中でも飛び抜けて良かった
と言うか明らかな効果が感じられたのが

ReFa CLEAR

です。

そもそもコレは何なのか?

簡単に言えば、プロアクティブみたいなものです。

違いを工具で言うと100の工具とSnap-Onくらいの違い・・・
わかりにくいか(笑)

refaclear.JPG

こんな感じのもので顔を電動歯ブラシみたいなので
グイーンと洗うものです。

ブラシって言うとゴシゴシこすって
キレイになるかもしれないけど皮膚がヤバイ的な感じに
思うでしょう。

ところがReFa CLEARは脅威的な優しさなんです!


コレ、何かわかります?

cap01.JPG

金魚すくいとかで使うアレです。
すぐ破れるアレ。

そのアレが皮膚の表皮と同じくらいの厚さらしいんです。

これが手でちょっと触ったり、他の製品でブイーンとやると
簡単に破れちゃうんですね。

このアレを手の上に乗せてReFa CLEARで
ブイーンと10回くらい回しながら当てて破れない!

もちろん力を抜いているわけじゃなくて
振動や圧力もしっかり伝わります。

ちなみに上の破れているソレは
別の電動洗顔ブラシを使って1回撫でただけで破れました。

この優しさと強さの矛盾を両立させたMTGに意地を感じますね!
(この時点でかなり洗脳されました(笑))


このブラシ自体もクセになる柔らかさでありながら
半年は使えるというので懐にも優しい。

触っているだけでも気持ちがいいから
気付いたら話を聞いている間中触っていました(笑)


ReFa CLEARはゴシゴシ擦るタイプじゃなくて
振動で毛穴の汚れを掻き出してくれるんです。

振動の幅も毛穴が広がらないように
毛穴と同じ幅しか振動しません。

で、プラスに帯電している体をマイナスにして
ヨゴレを落とすという
ホントか!?という機能もあるそうです。


長々と説明しましたが

体験しました。

cap02.JPG

とりあえず


めちゃ気持ちがいい^^


何がいいって、お姉さんに顔をキレイにしてもらった!

というのがまず一番(笑)

それはそれで、ReFa CLEAR、ほんとにしっかりと
肌に当たっている感があるのにフワフワ感しかないんですよね。

擦れる感じはまったくなし。

そして毛穴のヨゴレがどれだけ落ちたかというと・・・


コレ

ReFaCLEAR03.JPG

半分だけやってもらいました。

写真の左側、白過ぎじゃないですか!?(笑)

照明じゃないです。

これだけ違うと恥ずかしいでしょ!!^^;


僕の顔が汚かっただけかもしれないんですが
一緒に行った友人もみんな↓こんな感じです^^;

あしゅら男爵.JPG

この後名古屋の街で遊ぶにはハズカシイくらい
これだけの効果見せられたら笑うしかないですよね。


で、このReFa CLEARなんですが
500万本売れてるって・・・

日本人の24人に一人は持っているってことじゃないですか!?

僕もきっと嫁をそそのかしてその一人になるわけですが(笑)

とにかく毛穴をキレイにしたい方
顔を一段でも二段でも白くしたい方、効果絶大です。

↓ReFa CLEAR、知る限り最強です。

http://www.mtgec.jp/

posted by たーけ at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする